読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

うまれる

ここ数日、仕事はたてこみ、プライベートでもイライラすることが多数あった
どす黒い、ネガティブな感情、ひどいことばが心とおなかの中にたまっていく

消化したはずの恋を、ふとしたはずみで思い出して、泣き出しそうになる

今日は十五夜、月がきれいだなって空を見て、
星がきれいだった、輝いてた。
って、真夜中に突然ラインくれたことを思った
その一瞬でもっていかれて、駅のホームにおりる階段で泣きそうになる

月はどこからみても月であって、かわらないはずなのに、それでも、あの日真夜中に星が輝いてたってわざわざラインくれた、あの日彼の見た空を見てみたくなって、
とっさに、彼のすむもより駅までの電車を調べる
いけるけど、帰りの電車はないだろう
そして、かえってこれないかもしれない電車にのるだけの情熱は、今日のわたしにはなかった
ただ、いつか、きっと、彼の見たきれいな星の空をみてみたい、かならず見に行く、ということは心に決めた

唯一、いっしょに観に行った映画が、こんどテレビでやることを知って、もう1年も前なんだと思った

毎日話して、毎日いっしょにいた
たくさんのことを、受け止めたかった

去年のわたしといまのわたしでは、心の在り方が大きくかわった

どす黒い気持ちになっても、こんなことを思うわたしはダメだとか思わなくなった
こんなこと思っちゃうわたしも、わたしは許してあげよう、そう思えるようになった

好きな服を買って、身につけて、
髪の毛だって、染めて、ばっさり切った

どれもこれも、したかったのにしてこなかったこと

わたし以外の誰かを優先していた

できそうにないこと、苦手なこと、
終わりそうにない仕事、

やらないといけない、そう思っていたけど、
助けてほしい、ってお願いしたら、
みんなやってくれた
手伝ってくれた
わたしひとりがやるよりも、パフォーマンスもよかった

じぶんのことを大切にしていない人を見るのは、その人を大切に思う誰かがまた悲しんでいるということを、いろんなところでやたら出くわすようになった
ドラマだったり、映画だったり、本だったり、
誰かのことばだったり

それも、今までだっていろんなところで言われていたのに気づいてなかっただけなのかな

きっと、去年のわたしより今年のわたしのほうが
身もこころもあか抜けた

だけど、去年までのわたしだって、悪くない。
粗削りで、とまらなくて、相手だけじゃない、じぶんのことも何より攻撃してしまったけど、
そんなわたしも悪くないなと思った

こんなことを思うたびに、なにかがうまれる、
なにかをうみだすことができるんじゃないかって、
ただし、それにはものすごい気力が必要かも。
と、漠然とした気持ちだけがただよっている

なにかをうみだしたい

プレゼント

ブラブラとウインドウショッピングするつもりが、お気に入りのお店でかわいすぎる巾着をみつけた
どの柄もすっごくかわいくて、目移り
オレンジ色のねこの巾着をみて、大好きなあのこにあげよう、わたしもおそろいで買う!と勝手に決断
そうしたらもう嬉しくて楽しくて、すぐそのこに連絡してた

プレゼントって、誕生日とかなにかのお祝いごとだけでなくって、こうやって、ふとしたときに、あのこにあげたいなって思えることが幸せだなあと思った

旅行のおみやげ、誕生日のお祝い、昇進のお祝い、
いろんなプレゼントがあるけど、こうやってただあげたいなと思えることがすごく幸せなじぶんがいた

そして、そんな気持ちで贈るプレゼントはどんなものでもすてきな気がした

そういえば、数は多くないけれど、なにも特別でない日に、もらったプレゼントを思い出した

大きなハムスターのぬいぐるみ、
ドはまりしてたなめこのぬいぐるみ、
がちゃがちゃのおもちゃ
ボディーソープとハンドクリームのセット

どれもこれも最高の贈り物をありがとう

無条件に愛してる、愛されているということ

去年の秋に死んじゃうんじゃないかってことを経験してから、
だってわたしはすでに愛されている!
ってゆー、色んな人が言ってる意味がわかんなくて、どういうこと?ってずっと思ってた

でも、なんとなく、わたしなりにわかったような気がする

ペットにフェレットのはなこを飼いはじめ、はなこの世話をしながら、毎日、
はなこ、かわいいよ
大好き
愛してる
って抱っこして、からだをなでて、
トイレ以外のところにうんちしたり、オシッコされても、
決まっていつも洗濯機の裏側の壁紙カリカリされても、
かわいいよ、大好き、愛してる
この気持ちはかわらない

明け方に、ずっとしゃっくりとまらないはなこが心配で心配で、
しゃっくりとまるまでおなかを撫でてたら、
落ち着いてごはんバリバリ食べはじめて、
ちょっとやれやれって思うけど、
よかった、大丈夫、元気だ、愛してるって思った

はなこがたとえ、壁紙カリカリしても、うんちしても、しゃっくりとまらなくても、わたしのうでの柔らかいところばっか噛みついても、かわらず愛してるし、
はなこもわたしが見捨てるなんてそんなことたぶんみじんも思ってない(笑)
いや、しゃべんないからわかんないけど、きっと思ってない(笑)

はなこを飼いはじめたきっかけは、ひとりで生活することが辛すぎたからなんだけど、はなこのおかげで、さみしさどころか、愛してるし愛されているってこういうこと、って、わたしなりにわかるために、出会ったのかな

大切だった人、大切にしてくれた人、ぜんぶなくしてしまったと絶望して、ほんとうにほんとうに、死んでしまうんじゃないかって思ったけど、
愛してるし愛されているということ、
わたしはわたしであるということを、学ぶための大きな大きななにかだったのかもしれない、って思った

からだが疲れてる

去年まいにち話して、仕事して、同じものを食べて、おいしいね、って言い合った人はとなりにいない
おととし、わたしを外へ連れ出してくれて、おなじ部屋でいっしょに生活をした人はとなりにいない
去年の夏に生まれた1匹のフェレットと、3年くらい前からいる魚は今もいっしょにいる
来年もまたおなじかもしれないし、
新しくだれかといっしょにいるかもしれない

あいたい

もうすぐ、みーちゃんを失ってから1年
この1年の間に、いろんな男の人がいてるんだなぁとゆーことを学んだ
1年前、みーちゃんの相変わらずの優柔不断で、だらしがないところにほとほと呆れ返って、その凹みを埋めるように、今度は激しい恋愛をした
大きな大きな傷をいつまでもじぶんでつっついて、治そうとしないひできくん
最後はわたしが根負けし、わたしはそれから深い深い闇の中をさまようことになる
ぬるま湯につかった5年のあとにした恋愛はいいときもわるいときも、じぶん史上最大のインパク
本気で死ぬんじゃないかって怖くなった
拒絶されても納得できなくて、ひとり苦しんで…
わたしの欲しかったひできくんはもういないんだ、って半年かけて腑に落ちる
何かを捨てたらそのぶん何かがやってくる、とゆー流れなのか、
はじめて4つも下の男の子と仲良くなる
わたしよりも背が高くて、大きなからだで包んでくれた
いつもにこにこしていて、ほっとした
ストレートに、好き!かわいい!会いたい!って言われて、嬉しかった
そんな彼も突然、かわってしまった
理由はわからないけど、camelのタバコの人と同じなんだ、と思うことにした

わたしは、いつも何か納得できる理由を探してる

わたしを許すため、相手を許すための理由を探してる

わたしには、みーちゃんがちょうどよかったんじゃないかなぁ
まわりまわって、そう思う
今でも、きのうまでかわらず付き合ってたみたいに、笑ってすごせそう。と思う。

1年前、みーちゃんを手放したのはわたしだった。

妹に、お姉ちゃんはダメになる気がする。って言われたことが今になってわかる気がした。

みーちゃんと別れてから、いろんな人がいることを知って、それでもわたしは、いつがいちばん幸せを感じていたの?そう考えると、みーちゃんとすごした日々が、何よりも心穏やかで、愛にあふれていたなぁ、って。

泣いてしまった。

なんのため

わたしはなにを得たのかな
なにもかもなくしたのかな
なにがたいせつだったのかな

思い出すと悲しくなる
過去を肯定するためには
いまが満たされないといつまでも苦しいんだね
その通りだと思った

はじめに言っておけばよかった

わたしは何よりも理由なき拒絶がきらいだ

怖い

暴言吐かれるよりなにより怖い

嘘でもいいから言い分けしてくれたほうがいい

また、いちばんつらいことがおきた

めんどくさい

いろんなことがめんどくさい
待つこともイヤだし、だからってわざわざこっちからまたアクションするのもめんどくさい
いちいち筋通してまで、わたしはこういう状況はイヤなので、もう関係ないってことでいいよね?とか聞くのもめんどくさい
めんどくさいと思ったら、その人間関係は終わりだと思う
人とのつながりなんてめんどくさいことしかないのに、そのひとつひとつにめんどくさいって思ってしまうとゆーことは、もうわたしには必要ないんだと思う
とりあえず約束の日まで待つことも正直めんどくさい
わたしは常に誠実でありたいと思うけど、それも相手次第であって、万人に対してではないのだな、とゆーことを今回知った
たいせつな人に対しては誠実でありたいけど、めんどくさいと思う相手にまでそんなていねいなことやってらんねー…
でも、まだわたしの中のわたしが、
それでいいよ!オッケーだ、go!
のサインを出してくれなくて疲れてる
もういいじゃん、捨てちまえよって思うわたしと、
それでもあなたはたとえ嫌いなどーでもいい人にでも、誠実だったんじゃなかったの?
って、責めてくるわたしがいてるなぁ
どんな答えを出しても、大丈夫、仕方ねぇ!って思いたいのに。

疲れた。