読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

君は幸せなのか

FNS歌謡祭のトリが長渕剛で、乾杯を歌う!

と、なんとなくつけてたテレビでやりだしたから、はなこのトイレ掃除をしながら何気なく見ていたら、急にタイトルの一文がテレビにうつされた

 

君は幸せなのか?

 

乾杯を今バージョンにする、とかなんとかいってて、なぜか急にこのフレーズ

 

まっさきに思い浮かぶ人がいた

思わず、いまからFNSみて!って連絡しようかと思い、やめた

 

翌日、ひとつきぶりに見るその人は、髪の毛を切ってこざっぱり

より幼く見えた

 

目の前でプレゼンをする

わたしの好きな大きな手、スッとした指、

いつも泳いでる目、

鼻のライン、

ネクタイの柄

 

わたしの大切な人

 

じっくりじっくり見たら泣いてしまいそうだから、そっと視界にいれておいた

 

なにも知らない同期とお昼休憩、たまたまその人の話になる

すべてを聞いてもらいたくなった

わたし、心から好きなの。

そう言いたかった

 

お店を出たときにばったり会ったから、あいさつした

目が悪いからすぐ気づかなくて、でも、お疲れ様です、のことばに、びっくりしながらも、わたしの好きな顔で笑って、返してくれた

かわいい顔で笑う人

 

まだ、わたしにギリギリ向き合ってくれたときに、わたしが伝えた、

「もっとわたしのことを大事にしてください」を守るには、

「もう会わないこと」だったのかな、と、最近思う

「近くにいれば傷つける」

「時間をムダにする」

だから、

「もう関わらない、これ以上、ムダにすることも、直接傷つけることもないから」だとしたら。

 

考えようによっては、彼なりの、わたしへの愛なのだろう。

 

ある人との恋愛の価値観についての意見交換のなかで、

 

自分を守るために相手を傷つける、

それにすら気づいてない。

 

このことばをもらって、すぐに彼を思った

 

ほんとうに守りたかったのは、きっと彼自身なんだろう

 

友だちとラインでくだらないやり取りをして、笑って、ふと思い出す

彼がわたしのことを心底だいじな宝物でも見るよーな目で見つめていた日のこと

そして、彼の首にかけられたチェーンにぶら下がるシルバーの指輪が、いったいなんなのか聞けなくて、泣きそうになるのをこらえた日の、ニヤニヤして、わたしをはだかにして見下ろしてた顔

ここまででも涙でたのに、次はあの子の家から出ることを決めたときに聞いた、

わたしのこと好きだった?に対する、

好きよりも、愛しい。

を思い出して、また泣いた。

 

ぜんぶぜんぶ、ただそれだけでよかったのに、って思うことばかりだ

 

なのにみんな、わたしだけじゃなくてみんな、そこに差し出されたものをそのまま受けとることが怖くて、

それならいっそ、って、じぶんから壊してゆくのかな

泣いて、涙で顔がひどいけど、謎の腰の痛みが少しひいた

 

 

ほんとうは知っている

なんとなく、心が苦しいこと。

もうすぐ誕生日だからだ。

色白で華奢な人。

冬にうまれたたいせつな人。

もうすぐ誕生日だから、

おめでとうと言いたい。誕生日の日に。

でもそれが怖い。

最後のやりとりが悲しいやりとりだったから、おめでとうの連絡をすることが怖い。

びびっているんだ。

ありもしないものにたいして、びびっている。

まだ見えないものにたいする恐怖。

怖いんだ。

 

大丈夫だよの効果

友達、とゆーよりも、お姉さんのような仲間、っていうほうがしっくりくる人とのメッセージのやりとりで、
人がほんとうに
終わった。
って思ってしまうときは、味方がだれひとりいないときだなと再確認した。

その仲間の女性はある友達に、あなたのその生きざまを見て育つあなたの子どもはどう育つだろーね的なことを言われて戸惑っていたんだけど、

たとえば、超厳しい両親に厳格に育てられたとしても、じゃあ世間的にゆー超できた子に育つとも限らないし、
なんとゆーか、親がこうだから子もこうなる、なんてーのはぜったいではないと思う。
それに、親がどー言ったって、子がそれを受けとるかはわからないし、成長する中で、きっと考え方もかわってゆく。

子が、その子なりの価値観?を、選んでいけたらいいと思う。


わたしは、子がほんとうに困って、どうしようもなくて、SOSをだしたとき。
そのとき、とにかく味方になってくれる人がいたら、きっと大丈夫だと思っている。

これはじぶんの体験もだし、じぶんのきょうだい、そして、愛した人を見てきてそう痛感した。

正しいことはこうだって、そればかり言うんじゃなくて、まず、大丈夫だよ、って抱きしめる
そして、いっしょに考える
ときには待つ、ときには、SOSを発信した子の心身の負担をできるだけ少なくなるように、かわりに動く

これさえあれば、きっと、人は生きていけるんじゃないかって。

あなたをたいせつに思うよ
あなたの味方だよ
大丈夫だよ

このことばをもらえたら、それだけで、安心して生きていけるんじゃないかって。

痛みとストレス

腰の痛みがなかなかよくならなくて、かかりつけの整骨院の先生曰く、ストレスが発散できてないのでは?とのこと。

さらには、ここ数日ずっとろくな夢をみてなくて、怖い夢、悲しい夢、そんなんばっか。

悪夢が続くのでググってみたら、どうやら過度のストレスらしい。

自律神経が乱れてるんだとか。

仕事はハードワークだけどそんなに困ってないし、今月は休みも多いし、友達と出かけたりもしてるけどな…

じぶんではストレスじゃないと思ってることにも、もしかすると真相心理ではもっと辛くて、からだの負担にあらわれてるのかも…

 

今朝、とんでもなく喉が乾いて痛くてめが覚めた。

 

夢を見ていて、暗い明け方、わたしはふとんに入って眠っていて、ドアが開く音がして、ひできくんが入ってきて、

わたしは腕をひっぱって、抱きしめた。

相変わらずの細さ、確かめるよーに抱きしめて、ふとんの中にふたり。

彼の胸に顔をうずめてみたけど、大好きだったにおいがわからなくて、

とにかく喉がからからに乾いてて、痛くて、泣いた。

細い、って言ったら、あとふたりくらいこのふとんの中入れるんちゃうって、いつもみたいにふざけて笑った。

わたしは、いかないで、って泣いていた。

 

目が覚めて、とりあえず喉がからからだからお茶を飲んで、ふとんにもぐる。

 

大好きだったにおいがわからなかったことが悲しくて悲しくて、

こうして忘れていくのかな。って切なくなった。

 

夢占いをしてみたら、やっぱ過度のストレスとでた。

 

泣く夢じたいは悪くないけど、ふつう泣いたらスッキリするらしいのに、スッキリしないとゆーのは過度のストレスらしい。

 

さみしくてさみしくて悲しかった。

言えてないし癒えてないのだな、と漠然と思った。

 

愛する人の腕の中で、体温とにおいを感じながら、抱きしめあって眠りたい。

 

何よりも、ほしい。

わたしの幸せ

おはよう、いってらっしゃい

おかえり、ただいま

ソファに並んで同じご飯を食べる

一緒にテレビを見る

今日の野球の結果を報告する

お風呂から出てきたら保湿クリームをぬる

休みの日に映画を見に行く

あしたの朝ごはんに食べるパンといっしょに

乳酸菌ジュースを買ってきてくれる

ドラゴンボールの漫画をTSUTAYAで借りてきて読む

地元のお祭りにいっていろいろ食べる

楽しかった

愛してた

大好きだった

大切だった

大切にしてた

ずっと一緒にいると思ってた

 

上弦の月

ひできくんが去年、突然夜中に「星がきれいだった。輝いてた」ってラインをくれた日から、とにかく空を見上げるようになった

あのときわたしは、目が悪すぎるひできくんに、ほんとに見えたの?目悪いのにー、と言ったら、それでもわかるくらい輝いてた。と言われて、なんとなくニヤニヤした。

ひできくんはコミュニケーションがヘタだ。

滑舌悪いし、そもそも語彙が少ないから、誤解を招きやすい。

とゆーか、そもそも彼がそんなにロマンチストなところがあるなんて知らなかったから、思わずニヤニヤしたっけ。

「大阪はよく見えない」と言ったら、「おまえが空を日頃から見てないだけ」と言われて、それから毎日空を見上げるようになった。

ついきのう、矢沢あい下弦の月とゆー漫画をネットでみつけて、連載当時はよくわからないなぁって読んでたなーと思いながら、関連まとめを読みすすめていくと、

この日の下弦の月とまったく同じ下弦の月は、19年後にしか見れない

とゆーのを知って、少し切なくなった。

 

ひできくんがわたしにラインしてくれた日の空は、どんな月が出ていたのかな

ひできくんは星がきれいだった、と言っていたけど、星は月のように同じものは何年後でないと見れないとかあるのかな

そんなことを考えながら眠った。

 

ひできくんとは、悲しいけれど、もうプライベートで会うことはできないのだろうな

それはなんとなく感じていた

だからこそ、わたしは、彼の言うきれいな星の見える空を見に行きたいなと思い続けている

 

空は、世界中どこもひとつなぎなんだ

 

そう思ったとき、悲しい気持ちと、優しい気持ちの両方がわたしの中に広がった

 

そして今日は上弦の月

星はあまり見えないけれど、月はきれいに見える

 

ひできくんが見ていた空を見に行きたい

 

ゆるすこと、ゆるさないこと

わたしはお母さんが嫌い

家族じゃなかったら仲良くなんてできない

お父さんのことも嫌い

妹のことは好き

お父さんは今までずっと子どもとしておまえは当然こういうことを受け入れて、やって、結果だして当たり前、そうやってわたしにたいして接してきた

お母さんは、わたしがこうしたい、これはしたくない、そういうことを知りつつも、応援もしてくれなかったし、へたに口を開いてはお父さんを怒らせて状況をより悪化させてきた

考えることを放棄して、何もかもあきらめた

どうせムリ、わたしのやりたいことなんていつも無下に罵られて終わり

何か問題がおきたときに、言われた通りにしか動いてこなかったツケで、考えることができなくてただパニクるわたしになった

今度はそれを怒られる

 

こんな年になって、なぜ動けない?

だからおまえはダメなんだ

 

動いて気にくわないことならまた怒る、めちゃくちゃなことを言うのは、誰?

 

わたしはこの人たちの子どもなのだから、助けてもらえて当然で、してくれたことへのありがとうなんてない

そういう関係にしてきたのは、あなたたちだ

 

感謝しろとか

感謝の気持ちなんて、心が動いてするものだ

そんなに偽物の感謝がほしいのか

 

親にたいしてそんな言い方ないだろうとか

じゃあ親は子どもへどんなことを言っても許されるとおもっているのか?

ゆるさない

そして、そんなわたしをわたしはゆるす

あしたゆるせるかもしれないし、一生ゆるさないかもしれないし、いつかこのどす黒い気持ちは消えるかもしれない

そのすべてを、わたしはわたしにゆるしてる